女性

人材研修の幅が広がる|eラーニングでの研修をうまく活用してみよう

  1. ホーム
  2. 依頼を行う

依頼を行う

研修

内定者フォローを外注化する

内定者フォローは2000年ごろから各企業で積極的に取り入れられるようになりました。内容としては先輩との懇親会を催したり、会社参観日を設けたり、教育を兼ねたグループワークを行なわせたりするのが一般的です。このうち懇親会などは正社員が出席しないと話になりませんが、教育などのトレーニングは代行業者に依頼するケースが増えています。日常業務で忙しいとき、内定者フォローばかりに時間を費やすわけにもいかないからです。 内定者フォローを代行している企業には、社会人研修を専門にしている会社や、人材派遣会社などがあります。また教材を提供している出版社も少なくありません。人事マネジメント系のサイトや雑誌には、こうした企業の連絡先が多数掲載されています。

採用を確実にするための手段

新卒者の内定時期が早まり、入社までの期間が長期化するにつれ、自分の進路に迷いを生じる学生も増えてきます。途中で辞退されたり、別の会社に引き抜かれたりしては、それまでの採用活動が無駄になります。こうした事態を防ぐために、内定者フォローは欠かせません。入社前に同期の結束を固め、仕事の面白さを伝えてモチベーションを高めるためにも、魅力ある内定者フォローが重要になります。 とはいえ、そこまで効果的な内定者フォローを行なうには、かなりの時間とコストが必要です。とりわけ経営体力に余裕がない企業にとっては、本来の業務を遅らせることにもなりかねません。そのようなとき、内定者フォローの外注化が選択肢のひとつになるでしょう。